ブログトップ

創ったものたちの紹介ブログ
by gozten
自己紹介とか
ごずてんです
頭が牛
心も牛
牛は牛
猿は猿

日々想像
日々創造
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
キッチン
f0040263_13413981.jpg
いやあ もう暑い暑いですね
それはそうと今回は台所です。
最近ごたごたしてしまってなかなか料理を作れてないんですがソレはソレとして、今日は料理を作るところを作ろうって話です。
ま たいしたことじゃないんですがコノ画像を見れば一目瞭然です。
狭いスペースをどれだけ広く使えるか、それとどれだけ掃除しやすくできるか考えた結果がコレ、鋳物のコンロです。
もう至ってシンプル掃除の時は片手で持って布巾で拭くだけ簡単、場所もわずかしかとらないのでまわりに材料も置けるし便利便利、ただ鋳物は金属なのでステンレスに錆がつくのと、まあ熱を持ってしまうので下にタイルを敷いてます。
熱源は一つなので一見不便ですが料理の手順を先に決めてするので手早くできるようになりましたし、どの程度熱するべきとか敏感に感覚も養われていいです。
すぐにごはん一人分だけ食べたい時なんか旅館で出されるようなミニ釜でごはん炊いたりも目分量と感覚でできるようになりました。
そんでも他に電子レンジやオーブンもあるので頭をひねれば同時に料理を仕上げるのも難しくは無いです。
自分にとっては掃除はとてもめんどくさいので簡単にできるようそこは最優先にして、その分頭ひねって料理するほうがラクなんです。
このスペースに市販の2つ並んだコンロ台を置くと隙間や下に汚れやこぼれた物が入り込んでしまいますし、どうもソレが実家にいるとき嫌でしょうがなかったです。
[PR]
by gozten | 2006-07-15 14:18 | 創ったり造られたり
奇妙な箱
f0040263_9472490.jpg

あまり材料で箱を創りました。
内側に杉を使い出来た箱の外側をメラミンという素材のパネルを貼り付けました、これで板の継ぎ目や断面もみえないですしビス跡も隠れて綺麗な箱です。
大きさは30cm角くらいですかね少し縦長で、なんとなくこの不思議な柄のメラミンで箱を作ったら面白いだろうなと衝動的に創った物です。
出来上がった箱改めて見たらこの柄が思ったより迫力があってなんかちょっと怖い感じです。





f0040263_1003920.jpg
そんでドア部分のつまみがコレです。
最近雨ばかり薄暗くて写真撮りにくいので光当てて撮ったらなんか怖くなっちゃった。
このメラミンが非常に個性的で変わった箱になったのでなかなか合うつまみが見つからず現時点ではこのつまみを使っています。このつまみは京都の家具屋さんで見つけたもので京都の作家さんの創られたものです。かわいいのでこのつまみ用のちょっとした物をいづれ創ってみたいと思ってます。
この箱創ったはいいが何を入れるわけでもないので箱の前面に自分の描いた絵を取り付けて箱の中から照らして照明として使っていました。なかなか雰囲気あって良いですよ。
f0040263_1017981.jpg

[PR]
by gozten | 2006-07-08 10:22 | 創ったり造られたり
グループ展 風
こないだから告知させてもらっていたグループ展が終わりました。
来ていただいた方ありがとうございました。
いろんな方と話できて楽しかったです。
自分はたいした作品を作ってるとは思えないので気に入ってくださった方が想像以上に多かったのはびっくりでした。
それはそうと結構気楽なグループ展で私が搬入の時に設置にいけなかったのですが
大きな作品を送る時に作品を守るためガード用に使ったベニヤ板、
私が会場についた時飾ってあったのはまいったよ。
板に絵を描いたらどんなんだろと以前にラクガキしてあったものが良かったからとかみんな言ってたけどラクガキらしく「牛すじ」とか変な言葉までラクガキしてあるのに、、、。
まあまあそんくらい肩の力抜いてあったので良い感じにゆるゆる楽しめました。
f0040263_9151016.jpg

入り口に藤木くんの作った動く鳥のオブジェといくらかの風車がおでむかえ
会場に入ればおのおのが風にちなんだイラストが各自の風車と一緒に展示されていて
細い2Fに続く階段を登れば小窓からそよ風が吹き込み回る風車を脇に観賞できました。
この日私は外人さんとデザイナーの方達とよくしゃべらせてもらい、外人さんには(名前きいとけばよかった)うまくコミュニュケーションがとれないながらも会話を楽しみました。
たどたどしい会話の中でしっかりとかみ合わない内容でしたが、私の作品を気に入ってくれたことは十分分かりましたし、後日また訪れて何度も私のファイルも見て下さったようです。
途中で私が席をはずした時に帰られましたが、もう少しお話できれば何かお気に入りの作品ぐらいあげれたのではないかなと残念でした。
デザイナーの方との会話は以前お会いしたことある方でその方は以前私の絵を横目に何か熱くるしい絵を描く人がいるなくらいにしか見てなかったそうですが改めてきちんと額に飾られた絵を見れば大変気に入ってくれていたようです。
いろいろと話をする中、私の絵に質問をもらい裏話をしながら答えていくとその突拍子も無い返答にえらく笑われていました、お互いすごく楽しい時間を過ごせた事と思います。
そんなこんなで一日は過ぎましたが、私の作品は未だ手元に戻っておらず感想ノートも戻っていないので書かれてる内容を楽しみにしています。
さて次は8月にグループ展だー
[PR]
by gozten | 2006-07-03 09:51